このページは機械翻訳されています。

パワークエリとTeamleader Orbit Reportingを接続するにはどうしたらいいですか?

以下の手順を実行し、パワークエリとTeamleader Orbit Reportingを接続します。 パワークエリと自分のビジネスの知識だけでいいのです。

Teamleader Orbitは、プロジェクト管理のためのクラウドソリューションです。 Teamleader Orbitには、CRMだけでなく、プロジェクトや時間の登録も含まれています。

Teamleader Orbit Reportingをパワークエリに接続するための技術的な知識やTeamleader Orbit ReportingのAPIに関する知識は必要ありません。 このステップバイステップの計画では、Teamleader Orbit Reportingからのデータで独自のダッシュボードを作成するためにInvantive Cloud上でどの手順を実行する必要があるか正確に説明します。

パワークエリとTeamleader Orbit Reportingを結ぶ手順は次の通りです。

  1. Invantive Cloudのアカウントを登録します。
  2. Teamleader Orbit Reportingデータベースを作成します。
  3. Microsoft ODataコネクターでTeamleader Orbit Reportingデータベースを利用できるようにする。
  4. パワークエリとTeamleader Orbit Reportingをコネクタで接続します。
  5. Teamleader Orbit Reportingからパワークエリにデータをロードする。
  6. ダッシュボードを構築する。

Invantive Cloud offers a Teamleader Orbit Reporting connector to download data from Teamleader Orbit Reporting into パワークエリ, but there are over 75 other connectors available also for SQL, Power BI, Power Query or Azure Data Factory.

大規模な環境ですか? 効果的なダウンロードのためには、もちろん、パワークエリのフィルタステップや変換ボタンを使ってデータをフィルタリングすることも可能です。

質問があるときは、Teamleader Orbit Reportingのフォーラムをご確認ください。 この無料トレーニングは、フリープランにも適用されます。

Invantive Cloudのアカウント登録

すでにInvantive Cloudのアカウントを持っている場合は、この手順をスキップします。 それ以外の場合は、以下の手順を1回実行して、Invantive Cloudのアカウントを登録します。

  1. Invantive Cloudスタートページに移動します。

  2. ログオンボタンを選択します。

  3. サインアップボタンを選択します。 Invantive Cloudにサインアップしてください。

  4. ビジネス用のEメールアドレスを入力します。 ビジネス用のEメールアドレスを入力します。

  5. 次へ]ボタンを選択します。

  6. 個人情報を入力します。 個人情報を入力します。

  7. 次へ]ボタンを選択します。

  8. パスワードを入力し、入力したパスワードをもう一度入力してください。

  9. 次へ]ボタンを選択します。 同じパスワードを2つ入力してください。

  10. 2分以内に6桁の認証コードがメールで送信されます。

  11. 6桁の認証コードを入力してください。 メールアドレスを認証するための6桁の認証コード。

  12. サインアップボタンを選択します。

  13. 今すぐログインする サインアップする

  14. 携帯電話に認証アプリがインストールされていることを確認してください。 次へ]ボタンを選択します。 TOTP-configurationを準備する。

  15. 表示されたQRコードを認証アプリに追加し、現在の認証コードを入力し、「完了」を選択します。 TOTP-appにQRコードを読み取り、現在のコードを入力してください。

  16. 組織の登録をスキップする。 会社登記を省略する。

  17. 個人情報を入力し、「保存」を選択します。 個人情報の完備。

  18. ダッシュボードに移動します。 ダッシュボードに移動します。

  19. Invantive Cloud の dashboard が表示されます。

これで、インバンティブ・クラウドにログインし、Teamleader Orbit Reportingや他の多くのプラットフォームとの接続を設定することができます。 他のすべてのプラットフォームで、同じインバンティブのログインコードとワークフローを使用することになります。

Teamleader Orbit Reportingデータベースの作成

このステップでは、Teamleader Orbit Reportingからのデータでデータベースをセットアップします。 このデータベースは従来のデータベースではなく、Teamleader Orbit Reportingからリアルタイムで供給されるので「仮想」です。 Invantive CloudはパワークエリにTeamleader Orbit Reportingへのリアルタイムリンクを提供します。 データベースはパワークエリでのすべてのTeamleader Orbit Reportingレポートに使用されます。 したがって、これらのステップを1回だけ実行する必要はあります。

これで、インバンティブ・クラウドにログインし、{0}や他の多くのプラットフォームとの接続を設定することができます。 他のすべてのプラットフォームで、同じインバンティブのログインコードとワークフローを使用することになります。

  1. データベース追加ボタンをクリックします。 データベースを追加します。

  2. リストからTeamleader Orbit Reportingを選択します。 Teamleader Orbit Reportingのコネクタを選択します。

  3. Teamleader Orbit Reportingのログイン情報をフォームに入力してください。

  4. OKボタンを選択します。

おめでとうございます!これで、Invantive Cloud ウェブサイト内で Teamleader Orbit Reporting からのデータを処理できるようになりました。 例えば、インタラクティブな SQL エディターでこれを行うことができます。

パワークエリからの接続をTeamleader Orbit Reportingにアクセスすることを許可する。

パワークエリからデータを取得するために、Invantive Bridge Onlineを介してリンクを作成します。 これはInvantiveのクラウドとパワークエリの全てのバージョンで利用可能な標準ODataコネクタ間の「ブリッジ」を作成します。 ローカルに何かをインストールする必要はありません:コネクタ、ado.NETプロバイダ、パワークエリアドオンも必要ありません。

以下の手順を実行し、Teamleader Orbit ReportingのデータをInvantive Cloudの外で安全に使用します。

  1. データベースの横に、現在地(IPアドレス)からのアクセスを許可するよう求めるオレンジ色のテキストが表示されます。 近くのオレンジ色のボタンを選択します。

  2. パワークエリのWeb版でデータを利用する場合は、アスタリスク("*")を入力し、IPアドレスチェックを完全に無効にする必要があります。

これでTeamleader Orbit Reportingのデータをパワークエリにインポートする準備が整いました。

パワークエリのコネクタをTeamleader Orbit Reportingに設定する。

これで、確立されたリンクを通じてTeamleader Orbit Reportingからパワークエリのデータを取り込むことになります。

以下の手順を実行します。

  1. Microsoft パワークエリ を起動し、「データの取得」をクリックします。 Power BIでGet Dataを使う

  2. "ODataフィード "を選択します。 ODataフィードを選択

  3. ウィンドウにTeamleader Orbit ReportingデータベースのBridge Online URLを入力します。 OKボタンを選択します。 Invantive Bridge Online の OData URL を設定する。

  4. パワークエリがURLを受け付けず、黄色い警告表示が出ることがあります。 その場合は、URLの末尾に「/」を追加して、再度削除してください。 OKボタンを選択します。

  5. 事前にパワークエリにログイン情報を記録していない場合、認証が不足している旨のメッセージが表示されます。

  6. 左の「基本」タブを選択します。 基本認証の設定

  7. Invantive Cloud のユーザー名を入力します。

  8. Invantive Cloudに設定したパスワードを入力します。

  9. 特に理由がない限り、「Choose which Level」メニューの「Scope」を変更する必要はありません。

  10. OKボタンを選択します。

Teamleader Orbit Reportingとパワークエリをリンクさせるには、この手順を1回実行するだけです。 以降、リンクされたデータソースは、メニューの「最近のソース」の下にあるパワークエリで確認できます。

Teamleader Orbit Reportingからパワークエリにデータをロードする。

ダッシュボードで使用するTeamleader Orbit Reportingテーブルのリストが表示されます。 これらの表とその意味は、documentation.invantive.comに掲載されています。 Invantive の Teamleader Orbit Reporting ドキュメントにある限られた数のテーブルは、パラメータがあるため パワークエリ からは見えません。

以下の手順を実行し、ダッシュボードにデータをロードします。

  1. ナビゲーターで使用するテーブルを選択します。 一度に複数のテーブルを選択することもできます。

  2. テーブルを選択すると、右側にTeamleader Orbit Reportingのデータのプレビューが表示されます。

  3. OKボタンを選択します。

  4. 選択されたすべてのテーブルからのすべてのデータは、コネクタによってパワークエリに直接ロードされます。

  5. 読み込みには、データ量に応じて短時間から長時間を要しますが、初回はデータがまだ「キャッシュ」にないため、とにかく顕著に時間がかかります。

  6. 上級者向けのパワークエリは、「変形」ボタンを使って、フィルターを適用することでパワークエリからの読み込み速度を上げることができます。

The Teamleader Orbit Reporting connection will cache the data. Your data will be stored encrypted. パワークエリ, especially during dashboard development, often retrieves the same data again. This cache provides a noticeable acceleration. The cached data is refreshed according to the duration you set at the virtual Teamleader Orbit Reporting database. By default, the duration is set to 4 hours; therefore, you will receive the same data for 4 hours via the connection.

Teamleader Orbit Reporting ダッシュボードの構築

パワークエリでは、ダッシュボードで使用するためのデータが準備されました。

次に、レポートやダッシュボードを作成します。

更新」をクリックすると、Invantive Bridge Online の Teamleader Orbit Reporting データが更新されます。

追加機能

Teamleader Orbit Reportingのカスタムレポートや分析によって新しい洞察を得ることに成功した後、Teamleader Orbit Reportingのデータで複数のダッシュボードを作成することになります。 このとき、オンラインパワークエリプラットフォーム内の異なるダッシュボード間でデータを共有するために、Microsoftデータフローを使用するとより効率的です。

また、レポートや分析に他のインバンティブ コネクタを使用することもできます。 この場合は、上記の手順に従います。 インバンティブの全てのパワークエリコネクタは同じように動作します。データベースの登録だけがデータソースに依存します。

最後に、Invantive Cloudを使用して、小さなWebアプリケーションの形でソフトウェアを構築することもできます。 このソフトウェアは、データベースのデータを使用することができます。