This page has been machine translated.

Azure Data FactoryとODataを接続するにはどうしたらいいですか?

以下の手順を実行し、Azure Data FactoryとODataを接続します。 Azure Data Factoryと自分のビジネスの知識だけでいいのです。

ODataは、データフォーマットとアクションを指定する言語の両方です。 ODataは、多くのクラウドプラットフォームで、顧客が管理するデータを開放するために使用されています。

ODataをAzure Data Factoryに接続するための技術的な知識やODataのAPIに関する知識は必要ありません。 このステップバイステップの計画は、ODataからのデータで独自のAzureデータウェアハウスを作成するためにInvantive Cloud上でどの手順を踏む必要があるかを正確に教えてくれます。

Azure Data FactoryとODataを結ぶ手順は次の通りです。

  1. Invantive Cloudのアカウントを登録します。
  2. ODataデータベースを作成します。
  3. Microsoft ODataコネクターでODataデータベースを利用できるようにする。
  4. Azure Data FactoryとODataをコネクタで接続します。
  5. ODataからAzure Data Factoryデータウェアハウスにデータをロードします。

Invantive Cloud offers a OData connector to download data from OData into Azure Data Factory, but there are over 75 other connectors available also for SQL, Power BI, Power Query or Azure Data Factory.

大規模な環境ですか? 効果的なダウンロードのためには、もちろん、Azure Data Factoryのフィルタステップや変換ボタンを使ってデータをフィルタリングすることも可能です。

質問があるときは、ODataのフォーラムをご確認ください。 この無料トレーニングは、フリープランにも適用されます。

Invantive Cloudのアカウント登録

すでにInvantive Cloudのアカウントを持っている場合は、この手順をスキップします。 それ以外の場合は、以下の手順を1回実行して、Invantive Cloudのアカウントを登録します。

  1. Invantive Cloudスタートページに移動します。

  2. ログオンボタンを選択します。

  3. サインアップボタンを選択します。 Invantive Cloudにサインアップしてください。

  4. ビジネス用のEメールアドレスを入力します。 ビジネス用のEメールアドレスを入力します。

  5. 次へ]ボタンを選択します。

  6. 個人情報を入力します。 個人情報を入力します。

  7. 次へ]ボタンを選択します。

  8. パスワードを入力し、提供されたパスワードを繰り返します。

  9. 次へ]ボタンを選択します。 同じパスワードを2つ入力してください。

  10. 2分以内に6桁の認証コードがメールで送信されます。

  11. 6桁の認証コードを入力してください。 メールアドレスを認証するための6桁の認証コード。

  12. サインアップボタンを選択します。

  13. 今すぐログインする サインアップする

  14. 携帯電話に認証アプリがインストールされていることを確認してください。 次へ]ボタンを選択します。 TOTP-configurationを準備する。

  15. 表示されたQRコードを認証アプリに追加し、現在の認証コードを入力し、「完了」を選択します。 TOTP-appにQRコードを読み取り、現在のコードを入力してください。

  16. 組織の登録をスキップする。 会社登記を省略する。

  17. 個人情報を入力し、「保存」を選択します。 個人情報の完備。

  18. ダッシュボードに移動します。 ダッシュボードに移動します。

  19. Invantive Cloud の dashboard が表示されます。

これで、インバンティブ・クラウドにログインし、ODataや他の多くのプラットフォームとの接続を設定することができます。 他のすべてのプラットフォームで、同じインバンティブのログインコードとワークフローを使用することになります。

ODataデータベースの作成

このステップでは、ODataからのデータでデータベースをセットアップします。 このデータベースは従来のデータベースではなく、ODataからリアルタイムで供給されるので「仮想」です。 Invantive CloudはAzure Data FactoryにODataへのリアルタイムリンクを提供します。 データベースはAzure Data FactoryでのすべてのODataレポートに使用されます。 したがって、これらのステップを1回だけ実行する必要はあります。

  1. データベース追加ボタンをクリックします。 データベースを追加します。

  2. リストからODataを選択します。 ODataのコネクタを選択します。

  3. ODataのログイン情報をフォームに入力してください。

  4. OKボタンを選択します。

おめでとうございます!これで、Invantive Cloud ウェブサイト内で OData からのデータを処理できるようになりました。 例えば、インタラクティブな SQL エディターでこれを行うことができます。

Azure Data Factoryからの接続をODataにアクセスすることを許可する。

Azure Data Factoryからデータを取得するために、Invantive Bridge Onlineを介してリンクを作成します。 これはInvantiveのクラウドとAzure Data Factoryの全てのバージョンで利用可能な標準ODataコネクタ間の「ブリッジ」を作成します。 ローカルに何かをインストールする必要はありません:コネクタ、ado.NETプロバイダ、Azure Data Factoryアドオンも必要ありません。

以下の手順を実行し、ODataのデータをInvantive Cloudの外で安全に使用します。

  1. データベースの横に、現在地(IPアドレス)からのアクセスを許可するよう求めるオレンジ色のテキストが表示されます。 近くのオレンジ色のボタンを選択します。

  2. Microsoft Azure Data Factoryは世界中にある数十万台のサーバーで構成されているため、アスタリスク("*")を入力してIPアドレスチェックを完全に無効化する必要があります。

これでODataのデータをAzure Data Factoryにインポートする準備が整いました。

Azure Data FactoryのコネクタをODataに設定する。

これで、確立されたリンクを通じてODataからAzure Data Factoryのデータを取り込むことになります。

リフレッシュトークンなどの認証情報の設定、アクセストークンの取得、アクセスの最適化・並列化、レート制限・スコープ・セキュリティ制限内でのAPIアクセスなどの複雑な処理は、全てInvantive Cloudが行いますので、OAuthアクセストークンやAPIなどの複雑な技術的知識は全く必要ありません。 ODataフィードと基本認証だけでMicrosoft Azure Data Factoryステップ、アクティビティ、パイプラインが構成可能です。

以下の手順を実行します。

  1. Microsoft Azure Data Factory を起動し、「Ingest」を選択します。 Microsoft Azure Data Factoryのアクティビティ「Ingest」を使用してODataデータをコピーします。

  2. 内蔵のコピータスク」を選択します。 ODataをソースとしたビルトインコピー

  3. ソースタイプ 'OData' を選択し、'New connection' を選択します。 Microsoft Azure Data Factory への OData の OData 接続。

  4. Enter in the window the Bridge Online URL of the Azure Data Factory database. This URL containing the data can be found in the Database-form of Invantive Cloud. Choose authentication type 'Basic authentication'. Enter the Invantive Cloud user name and password. ログオン資格情報を含む OData の OData URL。

  5. 利用可能なAzure Data Factoryテーブルのリストが表示されるので、必要なテーブルを選択し、Microsoft Azure Data Factoryでパイプラインを構築してください。 ODataのテーブルを選択し、Microsoft Azure Data Factoryで処理する。